二級建築士は、国の行なう二級建築士の試験に合格したのち、本籍地のある都道府県の知事から免許を受け、二級建築士の行なえる範囲での建築物に対しての設計や工事監理などの業務を行なう者のことをいいます。

一級建築士が大臣免許だったのに比べ、二級建築士は知事から免許を受けるため、知事免許になります。

また、一級建築士は携わる建築物には制限がなかったのですが、二級建築士は一定の範囲で建築に携わることになります。

それは、公共建築物なら、延べ面積が500平方メートル未満のもので、高さは13メートルまたは軒の高さが9メートル未満のものとなります。

実際に即して言えば、大きなビルや公共施設については、設計や工事監理はできないものの、木造住宅や小規模鉄筋コンクリート造りの建物なら、設計も工事監理もできるということです。

つまり、個人住宅を建てるには、二級建築士の資格があれば設計や工事監理が可能ということです。

一級建築士に比べ仕事の範囲に制限はありますが、二級建築士は一級建築士よりも専門的な知識を深く要求される資格になっています。

言ってみれば、一級建築士は広く浅い知識を求められるのに対し、二級建築士は狭く深い知識を求められるということです。

建築パースを選ぶためのポイントとアドバイスをさせて頂きます。