木造建築士とは、国の行なう木造建築士の試験に合格したのち、本籍地のある都道府県の知事から免許を受ける資格です。

二級建築士同様、知事免許の資格となります。

木造建築士は、ある一定の木造建築物について、設計や工事監理を行なうことのできる資格です。

具体的には、木造建築物で、延べ面積は300平行メートル以内で2階建て以下の建築物となります。

これ以上の大きさの木造建築物を建築するには、言休建築士の資格が必要となります。

そのため、木造建築士の資格は持っていても適用範囲が狭いため、受験者数が少ない資格試験です。

ただ、建築を学んでいる学生や一級建築士を目指す人たちが、経験や勉強のために受けてみるといった位置づけになっています。